2018年06月28日

歴史感じる奈良ホテルへ

日本には老舗と呼ばれるホテルは多くあります。
そしてその中で9つのホテルが加盟している日本クラシックホテルの会(Japane Classic Hotel Association)と言うのがあるのですね。

日光金谷ホテル
富士屋ホテル
万平ホテル
奈良ホテル
東京ステーションホテル
ホテルニューグランド
蒲郡クラシックホテル
雲仙観光ホテル
川奈ホテル

その中の一つ「奈良ホテル」に訪れたので、写真でご紹介したいと思います。
天皇陛下が奈良に来られた時はお泊まりになる、由緒あるホテル。
近くには東大寺興福寺、鹿たちの集う奈良公園

今回は知人の結婚披露宴なので宿泊はせず。
カメラは携帯電話のもの(スマホですらなく、ガラケー!)。
なので、画質が良くありませんのであしからず。

奈良ホテル

ホテルの正面玄関。
奈良ホテルは明治42年(1909年)10月17日開業しました。
桃山御殿風檜造りの本館です。


奈良ホテル・ロビー

玄関ロビーより吹き抜けの2階を望む。
和洋折衷の造りに、厳かさと優雅さを感じられます。


奈良ホテル・時計

ロビーの奥に鎮座する「平成の大時計」。
15分毎に流れるメロディーが美しい。

奈良ホテル・時計


奈良ホテル・ピアノ

アインシュタインが大正11年に滞在した時に弾いたピアノ。
その姿の写真と共に。

奈良ホテル・ピアノ


s-DCF00033_057.jpg

ロビーには囲碁のセットも。
こんなものも趣があります。
将棋セットもありました。


ロールスロイス

玄関にはロールスロイスのコンバーチブルが。
結婚式会場への送迎用でしょうか。
こんなのに優雅に乗ってみたい。

いかがでしょうか。
週末にこんなホテルで過ごせば、贅沢な時の流れに身を置くことができるでしょう。
古い美術品も多数飾られているので、それらをゆっくりと鑑賞したい。
いつかは宿泊してみたいホテルです。




posted by 風雅 at 21:27| Comment(0) | 日本 奈良県 奈良ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。