2014年11月01日

日本〜スペイン・バルセロナへ(カサ・ミラ)

サグラダファミリアから西へ約1.5km。
次なるガウディ作品「カサ・ミラ(Casa Mila)」へ。
写真では見慣れているのの、現物はやはりすごい。
奇抜! ミラ邸の前には入場待ちの列もでき、そこへ並ぶことに。 で、チケットを買う。またもや「ドス!(dos)」(2枚)。


カサ・ミラ
こちらもご存知、カサ・ミラ(ミラ邸)。
なんとも存在感たっぷりの外観。
奇妙にうねった外観と内装は、世界でも唯一無二でしょう。



なんとも複雑に湾曲した壁や天井。
そして独創的な形の柱を眺めながら屋上へ。
そこはまた、どのアパートやビルでも見たこともない、不思議な光景が広がっていました。

カサ・ミラ
その屋上もまた奇抜。
兜をかぶった戦士のようなものは煙突や換気塔です。
一般の居住用アパートでここまでやるとは。



カサ・ミラ
カサ・ミラの中庭からアパートを見上げる。
地下1階、地上6階の高級アパート。
1階部分が半地下で、中2階もあるので外観上は7階建にも見える。
工期1906年〜1910年。



小腹も減ったので、パン屋兼カフェで昼食。
ここで使いたかったスペイン語「ウン・カフェ・ポルファボール(コーヒーを1杯下さい)!」
これも通じひとまず成功。
ここで友人の注文したのはアイスコーヒー。日本のように最初からグラスに用意されているのではなく。 渡されたのは、ホットコーヒーが入ったカップと氷が入ったグラス。どうやら自分で作るようです。 ただ、コーヒーの分量が少なく、グラスに入れても完成したアイスコーヒーは少量。しかも濃い。これには友人も閉口。
パンは美味しかったので、ま、いいか。

次の目的地へのバス移動のため、集合時間がせまってきたので、バルセロナはこのへんで終了。
本当はグエル公園などにも行きたかったのですが・・・。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。