2014年11月07日

美しき古都、コルドバ

5日目、イスラム文化の中心地コルドバ(Córdoba)へ到着。
イスラム建築とゴシック建築の融合したカテドラルがあるメスキータ(モスク)に入場。
寺院内部は壮麗な空気漂う独特の空間。こちらの建築物はその歴史も重なって、何か奥の深いものを感じます。
(しかし残念ながら写真はありません。当時まだデジカメじゃなく、フィルムのカメラで、撮影技術の未熟な僕は薄暗い内部の撮影後、現像してみると無残にピンボケなのでした。
約850本の柱の上の紅白のアーチは美しく、ある意味不思議な空間なのです。)

その後は、横にあるユダヤ人街を散歩です。
ここは花の小路という、白い壁の家並みに挟まれた路地がとても美しい所でした。

ローマ橋
カテドラルへ向かう途中のローマ橋


カテドラル(尖塔)
カテドラルのミナレット(尖塔)


ユダヤ人街
ユダヤ人街の路地を歩けば、いたるところの壁に花がかわいらしく飾ってあり、まるで絵葉書のよう。


アンダルシアはグラナダ、セビーリャ、コルドバとどの都市もロマンチックで美しい街。
情熱と哀愁の国スペインを印象付ける、とても素敵な街でした。


posted by 風雅 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン コルドバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。