2015年05月05日

パリで寿司

海外を旅している時は、なるべくその国の日常の物を食べようと思ってはいます。
しかし途中疲れてくると、どうしても和食が恋しくなるのもまた事実。
もうひとつは話のネタとして、現地の和食はどんなのかも少し知りたかったりして。
あともうひとつの理由は、先のスイーツのところでも書きましたが、フランス語のやりとりが辛く、日本語の会話が出来るところで安心したかったのも大きいかな。

事前にパリには寿司屋が結構あると聞いていました。
体も疲れてきていたのもあり、今晩は寿司にしようかと街をぶらぶら。
もう名前も場所も憶えていませんが、おそらくは日本食のお店が集まっている所のどこかだったかと。

店の看板には焼き鳥と寿司とあります。(ちなみにこの付近には、このように焼き鳥と寿司を同じ店舗で扱う所が多かった。)
中に入ると日本人らしき店員さんが接客に。
しかし話す言葉はフランス語。日本人ではなく中国系の人らしき感じでした。
と言うことは店長が日本人なのだろうか・・・、などと勝手に思いを巡らすのでした。

パリ_寿司
せっかくなのでにぎり寿司巻き寿司焼き鳥を注文。
まず先に運ばれて来たのが写真の品。
味噌汁と玉ねぎのサラダとピーナッツ。何でピーナッツなんだろうなんて考えても、これがフランスの和食の付き出しかな。
この味噌汁、味は非常に薄く日本のインスタント半人前分で作った感じ。
具もほとんどなく味噌汁と言うより、1皿目のスープという感覚でしょうか。
でも懐かしく落ち着きました。


パリ_寿司
次はにぎり寿司。
海老サーモンマグロ。(メニューにはこの種類しかなかった。)
どれも特に変なこともなく、美味しくいただけました。

パリ_寿司
だから結局当然のごとく、巻き寿司もサーモンとマグロ。
もちろん同じ味です。

パリ_焼き鳥
もうひとつのメイン、焼き鳥です。
皿の右側2本はモモです。味もよく知ったあの味です。
そして次の串がつくね
これがまた全く締まった感じがなく、かなりフワフワ。
味は悪くないです。
一番左。やけに柔らかい食感で何だろなと思い考えると、実はチーズの串。
何かタレのようなもので味付けされていて、これが意外にイケました。
もしやこれが串のなかで一番美味しかったかも。

ちなみに米は日本米ではありませんでした。
粒がやや長く、少しパサついた舌触り。まあこれは仕方ないですかね。

そんなこんなで楽しめたパリの寿司屋さんでした。



ラベル:フランス パリ
posted by 風雅 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス パリ 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。