2016年04月16日

もうすぐサミット。そして伊勢神宮へ。

2016年5月26日、27日に伊勢志摩サミットが開催されます。
だからと言う訳ではなく、落ち着く場所として好きな伊勢神宮を訪れました。
伊勢神宮は実際のサミットが開催される志摩市賢島からは、小一時間ほど名古屋寄りにはなりますが。

伊勢市駅
まずは伊勢神宮の外宮へ参拝するために、近畿日本鉄道伊勢市へ。
写真はJR側の改札口。


豊受大神宮(案内板)
外宮の正式名称は「豊受大神宮(とようけだいじんぐう」。
豊受大御神(とようけのおおみかみ)がお祀りされています。


火除橋(伊勢神宮外宮)
火除橋を渡り外宮内へ。


伊勢神宮(外宮)
ここは平成25年の式年遷宮が行われたその前に正宮があった場所。


伊勢神宮(外宮)
正宮の豊受大神宮です。


外宮をお参りし、次は内宮へ向かいます。
バスに乗り約10分。料金は430円(2016年4月16日現在)で内宮前へ。

伊勢神宮(内宮)
日常から神聖な世界への架け橋、宇治橋を渡り域内へ入ります。


伊勢神宮(内宮)2.jpg
前回の橋脚。この橋も20年に一度の式年遷宮により架け替えられます。


神苑
背後の鼓ケ岳と桜が美しい神苑


五十鈴川
五十鈴川の御手洗場。
ここで身体と心を清めてお参りに。


伊勢神宮(内宮)
厳かなる内宮(皇大神宮・こうたいじんぐう)
天照大御神が祀られています。

宗教を超えた何か日本人としての魂がそこにはありそうで、行ったことのない方にも一度はぜひ訪れて欲しい。
内宮・外宮ともに質素だけれど荘厳。
そして清々しく、本当に心が洗われます。


お参りの後のお楽しみ。
内宮の前の「おはらい町」と「おかげ横町」で美味しいものでもいただきますか。

おはらい町
伊勢は海の幸が有名。
その場で焼いてくれて、食べることができるお店へ。
ウニ、牡蠣、大アサリのスペシャルトリオです!
大アサリは特に美味しかったなあ。

おはらい町とおかげ横町にはお店がたくさん。
ここでもかなり楽しめます。
けれど帰りの時間が迫っていたので、後ろ髪を引かれつつも駅に向かったのでした。


伊勢神宮のホームページはこちらです。

外宮はこちら↓



内宮はこちら↓


ラベル:伊勢神宮
posted by 風雅 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 三重県 伊勢神宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。